切削加工技術者による研究会 切削油技術研究会

企業の枠を超えた技術者が集まって課題解決を図り、その活動を通じて技術者の育成、日本のものづくりに貢献。

切削油技術研究会

HOME ≫ 事務局ブログ ≫

ブログページ

切削油技術研究会第81回総会が開催されました。

皆様,こんにちは。切技研事務局の中村です。
2019年12月6日(金),アルカディア市ヶ谷にて切削油技術研究会第81回総会を開催しました。
切技研の総会は,当時,生産性が上がらないことに最も直接的な影響を及ぼす切削油剤について
掘り下げることを目的に,1954年(昭和29年)11月10日より65年間もの間,開催し続けております。
今年で81回目となり,254名の方々にご参加頂きました。
大変有難うございました。
今後も当会は,刃先に目を向けた実験を行うことで,製造現場の困りごとの解決に役立つ知見を報告し続けます。
来年に開催予定の第82回総会は,2020年12月4日(金)です。
次回も多くの皆様のご参加を心よりお待ちしています。
 
Entry by 中村 元太
 
2019年12月09日 11:03

はやぶさ2、りゅうぐうを出発! 特別講演のご紹介

皆様,こんにちは,切技研事務局の中村です。
本日,小惑星探査機「はやぶさ2」が13日に小惑星りゅうぐうを出発するとJAXAから発表がありました。
明日,『イオンエンジン』を使って,2020年の11月~12月に,地球に帰還する計画のようです。
今年の特別講演は,その『イオンエンジン』の開発・研究・運用に従事されました清水幸夫先生にご講演頂きます。
ご講演タイトルは,「小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」が目指すもの~太陽系の起源を紐解く~」です。とてもホットな話題です。
小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」はそれぞれ2003 年に目標天体「イトカワ」に,2014 年に「リュウグウ」を目指して打ち上げられました。現在「はやぶさ2」は小惑星表面から2つのサンプルを採取し,地球に持ち帰ることに挑戦しています。なぜ,小惑星の表面サンプルを持ち帰るのか?その目的をわかりやすくご解説頂きます。また,来年(2020 年)冬に地球帰還を予定している「はやぶさ2」プロジェクトについてわかりやすくお話頂く予定です。
詳細はこちらです。第81回切削油技術研究会総会案内状
まだ若干お席に余裕がございますので,「お問い合わせフォーム」からお早めにお申し込み下さい。
                                                                                                  Entry by 事務局 中村元太
 
2019年11月12日 17:21

切削油技術研究会 第81回総会

皆様,こんにちは,事務局の中村です。
切削油技術研究会の第81回総会を12/6(金)に開催させて頂きます。
開催まで1ヶ月を切りましたので,再度ご案内を申し上げます。
今回のテーマは『加工点をとりまく各種パラメータの暗黙知の明確化に関する検証』です。
加工点を取り巻く多くのパラメータの中で,生産技術者や加工担当者が重視している項目や,気にはしているものの適正値や閾値を見出しにくいと感じている項目を調査しました。また,それらの項目に対して,よりよい条件や環境で加工するために,どのようなアプローチ方法があるのかを,実験を通じて検証しましたのでご説明いたします。
 
【専門委員会報告】
1.切削加工技術における暗黙知の明確化 
      日産自動社株式会社 専門委員 島津俊介
2.切削速度に応じた切削油剤の上手な使い方 
      日野自動車株式会社 専門委員 前田純一
3.環境を考慮した切削油剤選定~低油分化の課題と対策 
      トヨタ自動車株式会社 専門委員 西口宗紀
4.製品価値に貢献する難加工への挑戦 
      ダイハツ工業株式会社 専門委員 山村祐貴
5.まとめ 
  大昭和精機株式会社 副専門委員長 岩村卓
 
【特別講演会】
小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」が目指すもの~太陽系の起源を紐解く~
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
工学博士 清水幸夫氏
 
詳細は,第81回切削油技術研究会総会案内状で御確認下さい。
まだ若干お席に余裕がございます。お申込みは「お問い合わせフォーム」からお願いします!
 
                         Entry by 事務局 中村元太
2019年11月07日 12:22

Innovation Hub2019


神奈川県立産業技術総合研究所主催の「Innovation Hub2019」が開催されます。
そこで,切技研の活動報告を行います。
【開催日時】 11月01日(金)13:00 〜 16:30
【定員】 60名
【概要】 製造現場における次世代技術の取り組み状況と、既存技術の活用状況を調査するとともに、以下の3つの実験により既存技術を活用する工夫について検証した。
①切削油剤のかけ方、②切削温度域の解析結果と高能率加工の条件選定、③加工による残留応力
https://www.kanagawa-iri.jp/innovation_hub/cutting_forum/
2019年10月30日 12:00
切削油技術研究会 〒253-0193
神奈川県高座郡寒川町田端1580番地
研究会概要はこちら

モバイルサイト

切削油技術研究会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら