切削加工技術者による研究会 切削油技術研究会

企業の枠を超えた技術者が集まって課題解決を図り、その活動を通じて技術者の育成、日本のものづくりに貢献。

切削油技術研究会

HOME ≫ 総会案内 ≫

総会のご案内

第81回切削油技術研究会総会のご案内(報告会・講演会・セミナー・勉強会)

本年度も多数の皆様にご参加賜り,盛況のうちに終了しました。
来年の第82回総会は,2020年12月4日に開催予定です。
次回も多くの皆様のご参加を心よりお待ちしています。


バナー画像
 

● 日時・場所

2019年12月6日(金) 10:00~17:00
アルカディア市ヶ谷(私学会館)
住所:東京都千代田区九段北4-2-25
電話:03-3261-9921
JR中央・総武線、地下鉄市ヶ谷駅から徒歩2分


プログラム・講演内容
司会 岡本 径 トヨタ自動車㈱
 
【開会の挨拶】         (10:00~10:10)
会長 村上 靖典 三菱マテリアル㈱
テーマ  :『加工点をとりまく各種パラメータの暗黙知の明確化に関する検証』
 
【専門委員会報告にあたって】  (10:10~10:15)           
専門委員長 上田 誠 三菱マテリアル㈱

【専門委員会報告】
1. 切削加工技術における暗黙知の明確化
(10:15~10:50)
専門委員 島津 俊介 日産自動車㈱
 製造現場を取り巻く状況は製品要求の変化、資源制約など様々であり、柔軟に適応できる切削加工技術が必要になってきている。その技術は多くが形式知化されているが、暗黙知のまま扱われているものもある。本年度は加工点を取り巻く各種パラメータに着目し、形式知、暗黙知の実態をアンケート調査した。その結果から切削加工技術における暗黙知を明確にし、次世代のものづくりに繋げる知見を報告する。
 
2. 切削速度に応じた切削油剤の上手な使い方
(10:50~11:25)
専門委員 前田 純一 日野自動車㈱
 切削油剤には加工負荷を低減させる効果があると言われているが、近年の製造現場で使われる切削速度条件で実際に効果が得られているかは不明確である。そこで、切削油剤の種類とかけ方を変えた旋削実験を通して、切削速度領域ごとの加工負荷に対する影響度をあきらかにした。その結果を基に、切削速度に応じた切削油剤の上手な使い方について提案する。
 
3. 環境を考慮した切削油剤選定~低油分化の課題と対策~
(11:25~12:00)
専門委員 西口 宗紀 トヨタ自動車㈱
 切削油剤のトレンドは不水溶性から水溶性に移行しているが、水溶性の中でも油分量の少ない油種を使用することで、さらなる環境負荷の低減が可能となる。
本章では量産加工で主に使用されているエマルションをソリュブルへ変更した際の1次、2次性能が製造現場に与える影響を実験にて確認し、油分量低減における課題と対策を報告する。
 
〔昼食〕              (12:00~13:00)

4. 製品価値に貢献する難加工への挑戦~小径深穴加工L/D=50の検証実験~
(13:00~13:35) 
専門委員 山村 祐貴 ダイハツ工業㈱
 軽量化や高機能化といった製品価値向上のために穴の小径化が求められている。しかし、それに伴い穴のアスペクト比が大きくなるため加工難度があがり、量産部品では製品設計に採用することが難しい。本章では近年市販されはじめた超深穴用ツイストドリルを用いて実験をおこなった。深穴加工のパイロット穴に着目し、深穴加工の精度に及ぼす影響についてあきらかにした。その結果を基に加工能率と精度を両立させるための深穴加工の着眼点を提案する。
 
5.まとめ 
(13:35~13:45)
副専門委員長  岩村 卓 大昭和精機㈱ 
 暗黙知を明確化するための調査や実験を行い、そこで得た知見を基に切削油剤の使い方改善や製品設計に反映するアプローチについて提案する。
 
【討議票記入時間】       (13:45~13:55)
 
【テーマに関する自由討論】   (13:55~15:10)
進行役  副専門委員長 神原 義人
アイシン・エィ・ダブリュ㈱
 
〔休憩〕            (15:10~15:25
 
【特別講演】          (15:25~16:50)
『小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」が目指すもの
 
~太陽系の起源を紐解く~』       
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
工学博士 清水 幸夫
 
 小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」はそれぞれ2003年に目標天体「イトカワ」に、2014年に「リュウグウ」を目指して打ち上げられました。現在「はやぶさ2」は小惑星表面から2つのサンプルを採取し、地球に持ち帰ることに挑戦しています。なぜ、小惑星の表面サンプルを持ち帰るのか?その目的をわかりやすく解説し、来年(2020年)冬に地球帰還を予定している「はやぶさ2」プロジェクトについてわかりやすくお話をします。
 
【閉会の挨拶】           (16:50~17:00)
運営委員長 横内 正洋 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所

● 申し込み期限:2019年12月5日(木)〆切を延期しました。
   定員:200名
総会のお申込みは,
お問い合わせフォーム または setsugi@yushiro.co.jp まで
氏名,郵便番号・住所、電話番号・FAX番号、メールアドレスを明記してお申し込み下さい。

※ 切削油技術研究会の会員以外のお客様もご参加頂けます。

お問い合わせはこちら

切削油技術研究会 〒253-0193
神奈川県高座郡寒川町田端1580番地
研究会概要はこちら

モバイルサイト

切削油技術研究会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら