分かり易さと使い易さを第一に考え、基礎編、応用編、事例編となっています。基礎編では、切削油剤の歴史、作用と効果、その種類など基本的解説を行い、応用編では、選定法、供給方法やトラブル対策など、切削油剤を上手に使うためのノウハウや注意点を解説しています。
 また、事例編では、研究会活動で集めた豊富な事例の中から45件を抜粋し、加工法別に整理し改善のポイントや今後の課題を分かり易く記載しました。さらにここ数年にわたって、切削油技術研究会が実際に行ってきた検証実験の中から、切削油剤に関係し新しい知見が得られた実験を3件取り上げ、その効果や特性をデータに基づいて解説しています。
 


基礎編応用編
 第1章 切削油剤の歴史と動向 第1章 切削油剤の選定法
 第2章 切削油剤の作用と効果 第2章 切削油剤の供給方法
 第3章 切削油剤の種類と組成 第3章 油剤供給装置と省エネルギ
 第4章 切削油剤の試験法 第4章 切削油剤の管理
   第5章 切削油剤の環境対策
   第6章 トラブル対策
    
事例編  
 第1章 一般事例  
  ドリル、リーマ、タップ、正面フライス、エンドミル、外径旋削・ボーリング、
 歯切り、ブローチ、研削、環境、管理
 第2章 当研究会による実験事例  



 

現在,切削油剤ハンドブックは,電子書籍のみの販売となっております。
ご購入手続きは,下記のリンクよりお願い致します。


切削油材ハンドブック

理工系電子技術書の
総合ポータルサイト

理工電書